このホームページに書いた新 TOEIC の裏技をまとめてみました(↓)。

試験の前に‥‥
鉛筆を使おう。トータルするとシャーペンより鉛筆のほうが2分速い。 2分は長文2問分のアドバンテージ。
●試験を受ける前に「判らなかったらどれに丸をつけるか」の覚悟をあらかじめ決めておくことはとっても大切。
試験が始まる前に、パート7の最後の20問〜5問[C]か「D」で塗りつぶしておく。

パート1の裏技
写真にないものが聞こえてきたら正解ではない。(←これで不正解の半分は排除できる)
●似た単語が聞こえてきたら正解ではない。
●音読者の抽象的な判断や感想が述べられたものは正解ではない。
●“The man is having his hair cut.” (男は髪をきってもらっている)。
●“The man has his hands on the desk.”(男は両手を机の上においている)
●判らなかったら「A」か「B」。
インストラクションの間にパート5を5問〜8問やる。
 (注:回答はチェックだけ、塗りつぶさない。“Go on to the next page.”で塗る)

パート2の裏技
設問と同じ単語、似たような単語の音が聞こえてきたら即排除。(←これで不正解の半分は排除できる)
●文頭の疑問詞を聞き取る。
●疑問詞から始まった文章で Yes/No が選択肢で聞こえてくれば即排除。
「うぃ」ではじまる疑問詞は When である(←覚えておくと絶対救われることがある)
判らなかったら「A」。
インストラクションの間にパート5を2問〜3問やる。問題が始まってもから数問終わらせる。
  そんな私はパート2の間はパート5を開いてる
(←ある程度余裕おある人にだけお薦め)

パート3の裏技
●リズムが大切。そしてそのリズムが壊れた時の捨てる勇気がさらに大切。
●問われている対象が「the man」なのか「the woman」なのか。情報を聞き取る対象をしぼりこむ。
設問の読み方: 主語からはじめて選択肢Aまで読む。設問の内容が判らない以上答えられない!
●心の安らぎを与えてくれる“Where‥‥ taking place?”。
●なんだか嫌な感じの“likely”:「たぶん」「おそらく」と頭のなかで訳そう。あるいは無視するもよし。

パート4の裏技
●基本的にはパート3と同じ。
問題文を聴いている最中に塗りつぶすのは避けよう。チェックするだけ。あとで塗りつぶす。
●設問には<全体的概念>を問う問題と<具体的概念>を問う問題がある。
●あたまの3文以内で最初の設問の答えが拾えなかった場合は、次の設問に心を移そう。

パート5の裏技
ヘッドスタートが大事。パート1&パート2のインストラクションの間に10問以上処理する。
TOEIC の接続詞は Although と Unless だ!
●unless=except that (‥‥は例外として) で覚えよう。
●このパート問題集の数をひたすらこなすしかない。でも、それさえ出来ればいくらでも出来る。

パート6の裏技
●まだない。‥たぶん問題の性質上裏技らしいものはここにはないと思われる。

パート7の裏技
●試験会場についたら、出来そうにない問題数を「C」/「D」でマークしておく。
 (試験中にやるのは時間がもったいない↑)
●半分までいったら時間をチェック、それを越えたらもう時計は見ない。
シングル・パッセージ設問4問バージョンが一番の難所。ここを飛ばしてあとからやる。

<戻る>

copyright(C) 2006 SUSUMU NISHIZAWA All rights reserved.