お気軽にお問い合わせ下さい。メールでのお問い合わせはこちら
HOMEソクラテスプロフィール久世アキ子のプロフィールお知らせソクラテスグッズショップネコ日記久世家のネコ達世界またたび物語イラストショップ
買い物TOP時計バッグテーブルウェアウェアファッション小物ポストカード・書籍他お買い物のご案内


久世アキコとソクラテス
久世アキ子(くぜあきこ)とソクラテスの部屋
ここは、久世アキ子とソクラテスの部屋です。
皆さまゆっくりご覧ください。

ソクラテス&ショップ「バティ」

ソクラテス
You are not alone. I am always with you.


「君はひとりぼっちじゃないよ。ボクがいつも一緒だよ」。これはソクラテスからあなたへ贈るメッセージ。

彼は人間たちの喜びも悲しみも、すべてお見通し。「一緒に前を向いて歩こうよ」と、いつも温かな後ろ姿であなたに呼びかけています。ソクラテスはどんな表情をしているのでしょう。それはあなたのイメージにおまかせします。

ソクラテス彼は1984年3月5日生まれ(うお座)。その哲学者的風貌から「ソクラテス」と名付けられました。デビュー後、親しみやすいシンプルなデザインゆえにコピー事件がたびたび起こったため、「我、ここにあり」とアピールしたくなり、1992年9月、火曜日のみ営業の店舗ショップ「バティ」をオープンしました。おかげさまで、TVや雑誌などさまざまなメディアを通じて多くのお客様に支えられ、2002年9月の10周年を機に第1・第3土曜がオープンとなり、現在は第1土曜日、第3金曜日・第3土曜日オープンのお店となりました。

2010年5月、絵画部門のネットショップ「久世アキ子のイラストショップ・バティ」が誕生しました。現在は「スケッチシリーズ」「招き猫シリーズ」「猫シリーズ」「女シリーズ」の4シリーズがあり、大きさも、ハガキサイズ、B5、A4、B4サイズ各種そろっております。各限定30枚で、実筆のサインと共にNO.が明記されます。どうぞご覧になり、大切な方やご自分へのプレゼントとしてご利用いただければと思います。



久世アキ子プロフィル

1945

疎開先・長野県茅野市の小料理屋「みよ川」にて誕生。

 

その後、神奈川県大磯にて、すくすく育つ。

 

13歳の春、母の実家のある浅草へ移転。(A型 乙女座)

1964

武蔵野美術短期大学商業デザイン科卒業。

以降、就職経験なしにフリーの道を歩む。

1978

コルゲンコーワの蛙、2代目「ケロちゃん、コロちゃん」をデザイン。 

1980

旧西ドイツ国際カレンダー展にて金賞受賞。 
  以降、現在に至るまで、人気のカレンダーとなっている。

1984

3月5日、トラ猫キャラクター「SOCRATES(ソクラテス)」誕生。(魚座) 

1985

NY、SOCIETY OF ILLUSTRATORS(ニューヨーク ソサエティー・オブ・イラストレーターズ)の海外メンバーとなる。

1987 

イラストエッセイ集『野郎共と女達』刊行(創和出版)。 

1988

武蔵野市役所、広報発行「季刊むさしの」の装画を担当、現在にまで至る。

 

NHKテレビ文学館で6作品の挿絵担当。 

19991

住友不動産販売(株)広告、「久世アキ子のTOKYOウォッチング」で東京スケッチを10年担当

1992 

ソクラテスを主人公にした「イラストショップ、バティ」を、我が家の庭(*)にオープン現在に至る。
(*)東京都西東京市下保谷4-16-28 最寄駅は西武池袋線保谷駅 徒歩2分

2002

7月、近くの森、伐採計画により「下保谷の森を守会」発足。

2003

「下保谷の森を守る会」を「保谷樹の会」に改名。 

 

10月、ノラ猫の救援活動「動物達の幸せを願う会」発足。
毎夜、ノラ猫に餌やり、捕獲に努める。当初、30匹以上もいたノラ猫は、現在8匹にまで減少しました。

2005

NY ART DIRECTORS CLUBのメンバーとなる。

2007

NHKてれび寄席「猫の皿」担当。  

 

東京都動物愛護推進役員となる。

 

他、個展、グループ展多数開催。



久世アキ子のその他のキャラクターデザイン紹介

久世アキ子のその他のキャラクターデザイン紹介 さいとう小児内科クリニックコーワのケロコロランド


●「世界またたび物語」の誕生

勉強と気分転換のため、年に1度は海外を旅していた久世アキ子。大分前になりますが、あるテレビ番組に触発されて、旅のテーマは「海外のネコ追っかけ」一辺倒に。もちろん、ソクラテスも一緒です。

そのテレビ番組とはTBSの深夜放送「カレイドスコープ」。ある日、アメリカ人の老夫婦の芝生の庭に置いてあったプラスチック製の黄色いアヒルが突然いなくなった(盗まれた?)。1年後、アヒルはなんとロールスロイスに乗って戻ってきた。その間、世界中を旅しているアヒルの写真が老夫婦のもとに送り続けられていた、というリポートでした。なんとおしゃれな泥棒なの!! 久世はすっかり感激!! よし、ソクラテスを世界へ連れ出そう、というわけで2人の「またたび」が始まったのです。

目的を持つと不思議です。世界のあの街・この街で、まるで私たちを待っていてくれたかのように、次から次へとネコたちが現れ、飼い主や街の人たちと感動のコミュニケーションが広がっていく……。

そんな出会いの喜びを、より多くの方々に伝えたくて、このページが生まれました。そして外国、特に欧米ではネコが人間とどうかかわり、どのように共存しているかをリポートすることで、日本の現状を見直してほしいと願っています。日本も、さまざま施設で人と動物の交流がはかれる時代になるようアピールしていきたいのです。

「世界またたび物語」のHPはこちらからご覧いただけます。

久世家のネコたちの紹介、ノラネコの救援活動については、こちらに移動しました
久世アキ子の「ネコ日記」もご覧ください。




個人情報の取り扱いについて特定商取引法に関する表示サイトマップ
Copyright (C) 2010 baty.co.jp. All rights reserved.

【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】