CIL宇部はNPO法人きょう・生を立ち上げ、以下の様な支援活動、事業等を行っています。

*ピアカウンセリング講座(公開、集中、長期)

ピアとは「仲間」の意味。「障害者同士」「対等な立場」でおこなうカウンセリングです。幼い頃、障害を受けてから、周囲から差別されたり否定的に見られてきた経過を明らかにし、障害はマイナスではなく、個性なのだ! という意識を持つための、ロールプレイなどを取り入れた、エンパワメントを強くする講座で、グループで集中的に行う講座です。

*自立生活プログラム(ILP)
養護学校で、施設で、病院で、親の家で……長く隔離などされた生活を送ってきた障害者は、いきなり地域で暮らそうとしても何をどうすれば良いか分からなくなっています。家を探す、食事を作る、生活のお金や金銭管理、介助者に適切な指示をする、対人関係、住まいの工夫、性の問題など、自立生活に必要な知識と方法などを身に付けるプログラムです。

*生活に必要な制度や住宅の相談

アパート・公営住宅探し・住宅改造・年金や生活保護、福祉・生活器具など福祉制度に係わる相談・援助を行います。

*介助サービス
介助が必要な方に朝起きてから、夜寝るまでの1日の生活に必要な介助を公的なヘルパー(介護保険・支援費の障害ヘルパー)その他は生活サポーター(有料)を派遣し、自立生活を支えます。希望される方は同性の介助者を派遣します。*移送サービス車イスのまま乗り降りが出来るスロープ・リフトカーによる移送サービスです。公共交通機関が未整備な地域では嬉しいサービスです。

*権利擁護活動
「子供扱いにされた」「バスなどに乗れない」「家を借りたいのに貸してくれない」など日常生活を送る中で障害者はさまざまな権利侵害を受けています。このような現状を変えるために行政や関係機関との交渉(話し合い)を行います。また講演会やイベントを開催し、障害者の権利意識や地位向上をはかります。

*社会啓発活動
障害者や高齢者が安心して地域で生活出来るために、行政や関係機関、地域社会に障害者当事者としての立場から地域づくり、街づくり、行政の在りよう等の提案提言をします。*情報提供会報「CIL宇部」の発行や各種イベント、講演会等を行います。

※他団体とのネットワーク
全国自立センター協議会(JIL)、自薦ヘルパー推進協会、市町村障害者生活支援事業全国連絡協議会、その他当会の理念を理解して下さる団体との交流、情報交換を行います。


公的ホームヘルパー以外の各種サービスを利用していただく場合は、正会員になって下さいますようお願いします。

                    CIL(自立生活センター)宇部
                   NPO法人きょう・生(ケアセンター共生)
                                 〒755−0045
                  宇部市中央町3−2−5(銀天プラザ近く)
           TEL0836−29−6192 FAX0836−29−6193