樋本 英一
Hidekazu Himoto

東京芸術大学声楽科及び指揮科卒業。
声楽を畑中良輔、平野忠彦、大久保昭男、指揮を伊藤栄一、金子登、遠藤雅古、マルティン・メルツァー、佐藤功太郎の各氏に師事。指揮科在学中に安宅賞受賞。

 1984年中国政府の招聘により、北京、西安、上海を訪問し演奏。翌年にはニューヨーク・カーネギーホールにおける東京・ニューヨーク姉妹都市提携25周年記念“シルバーブリッヂコンサート”を指揮、ニューヨーク・タイムズ紙上で高い評価を得た。
1986年には中国・西安音楽学院の招聘により再度中国を訪問、同学院オーケストラを指揮。

 オペラでは1981年「喪服」(石桁真礼生作曲)、1984年「魔笛」を指揮した後、1988年より副指揮者として、日本オペラ協会を中心に多くの公演に参加して研鑽を積み、オペラについて学ぶ。1990年日本オペラ振興会新作オペレッタ「ピノキオ」(宮元亜門脚色・演出)の指揮で好評を博し、1991年再演も指揮。日本オペラ協会へは1991年、浜松公演「天守物語」(水野修考作曲)で指揮者としてデビュー、さらに1995年「山椒大夫」(小山清茂作曲・新作初演)を指揮して東京本公演にデビュー、各紙上で好評を博した。2002年新国立劇場小劇場オペラシリーズ「シャーロックホームズの事件簿」(原嘉寿子作曲)、東京文化会館主催「耳なし芳一」(池辺晋一郎作曲)を指揮。
その他の指揮作品に「フィガロの結婚」「コズィ・ファン・トゥッテ」「修道女アンジェリカ」「ジャンニスキッキ」「カヴァレリア・ルスティカーナ」「椿姫」「こうもり」「夕鶴」「那須与一」(原嘉寿子作曲)「黒塚」(牧野由多加作曲)「あまんじゃくとうりこひめ」「おこんじょうるり」(林光作曲)「人買太郎兵衛」「鳴神」(間宮芳生作曲)等がある。
新国立劇場柿落とし公演「建」で合唱指揮を担当。

合唱では1990年より2007年まで東京混声合唱団コンダクター・イン・レジデンスを務め、同合唱団の定期演奏会を含む多くの公演を指揮し、好評を博す。青山学院グリーンハーモニー、慶応義塾ワグネルソサィエティ女声、東響コーラス、東京リーダーターフェル等、アマチュア合唱団の指揮者としての活動も多い。海外においては1989年早稲田大学グリークラブ中国公演を指揮し、また武蔵野合唱団ハンガリー公演に合唱指揮者として同行。2003年東京リーダーターフェルとベルリンにおける世界合唱祭に参加し、他ドイツ各地でも演奏、地元合唱団とも共演。

オペラ、合唱での共演を通して新星日響(現東京フィル)、東京シティフィル、日本フィル、九州交響楽団、神奈川フィル、ニューフィル千葉等のオーケストラを指揮。

東京芸術大学、桐朋学園芸術短期大学、二期会オペラ研修所、日本オペラ振興会オペラ歌手育成部 各講師。