明治維新を叩きあげた剣


やくまるじげんりゅう。

幕末の京。新選組がただひとつ恐怖した剣があった。
(会報題字/平田弘史書)
裂帛の叫び声とともに剣が鞘走るや血煙を上げて倒れざる敵はなかった。鍛え上げられた技と魂、無敵の剣「薬丸自顕流」である。
NPO法人 薬丸自顕流顕彰会
〒892-0806鹿児島市池之上町23番5号

ご連絡お問い合せは
こちらの頁をご覧ください。
「流派紋」及び「薬丸自顕流」は法的権利が保全されています。許可なく使用を禁じます。

気合い充分。玉龍中学校一年生のチェスト!(H27.6.25)

迫力満点。陸上自衛隊新隊員のチェスト!(H27.8.6)





カットは、薩摩「波平」

剣を学ぶ現代的な意義とは何か。技の強さに拘泥するならばただの乱暴者で終わる。技の華麗に満足すれば舞踊となる。答えは心を磨くことに尽きる。技を先人に倣って修練し鍛錬するのは、必死三昧の精神性を自ら高めることに結実しなくては意味を持たない。そしてそれを日常のあり方に活かすこと、これが肝要である。


鹿児島国際大学「地域創生」特別講座〜薬丸自顕流(H25.9.27)


New
鹿児島磯、鶴嶺神社の新嘗祭に奉納演武を勤めました(11/1)。大隅岩川の八幡神社「弥五郎どん祭り」にて演武いたしました(11/3)詳細
熊本復旧復興古武道奉納演武会に参加/奉納演武を勤めました。靖国神社奉納演武を勤めました(詳細)
南洲神社「せごどんのえんこ(西郷どんの遠行)」(9/22)にて薬丸自顕流体験教室を実施しました(詳細
鹿児島市立玉龍中学校特別授業(6/25)陸上自衛隊東部方面隊新隊員教育講座(8/6)を実施(詳細
東郷平八郎元帥慰霊祭演武、鹿児島国際大学「薬丸自顕流講座」を掲載(5/22 詳細
伊豆の国市韮山屋敷演武、鹿児島ふるさと博演武、鶴嶺神社新嘗祭奉納演武、大隅岩川八幡神社奉納演武/岩川小学校紹介演武、仙巌園来園者対応、鹿児島市立清水小学校校区祭などTOPICSをご報告(12/10詳細

これまでのニュースは、薬丸自顕流ニュース一覧をご覧ください

毎週日曜日午前九時半〜福昌寺跡(玉龍高校、中学裏手)にて実施(鹿児島本部道場)
毎週日曜日午後二時〜陸上自衛隊練馬駐屯地および所沢市営グラウンドにて実施(東京道場)

詳しくは「道場・連絡先」をごらんください。
フェイスブックに参加しました。(http://www.facebook.com/ 「薬丸自顕流顕彰会」で検索してください)

薬丸自顕流 目次 (タイトルをクリックしてご覧ください)
薬丸自顕流の歴史。開祖大伴姓伴兼行から現宗家14代薬丸兼秀まで。
道場・会員・連絡先
本部道場、各地区道場など薬丸自顕流活動紹介、会員募集要項など。
薬丸自顕流意地と技
薩摩拵え等

「やっまっどんのけこ」と畏敬を以て呼ばれた薬丸自顕流の稽古の内容や木刀などについて、また「薩摩拵」と称されたじげん流独特の刀装についてもご紹介します。
稽古風景
鹿児島本部、東京道場の稽古風景をご紹介します。
関連情報(Goods、リンク等)
薬丸自顕流に関連する情報、鹿児島の文化伝統・その他のリンクなど

「薬丸自顕流」を広くご理解いただくためのサイトです。無断複製引用を禁止します。
お問い合わせ
mail