現在今戸焼招き猫は制作が間に合わず、品切れとなっております。

招き猫発祥の地

 
 
 
 
       
 
今戸焼招き猫(いまどやきまねきねこ)
 
”招き猫”は商売繁盛や招福への願いをこめて、よく店先や玄関などに飾られておりますが、猫は古代から神秘的な力をもつと考えられていました。
いわゆる招き猫の登場は江戸時代で、一方、人形としての招き猫はここ今戸の地で十六世紀から焼かれていた今戸焼が始まりといわれております。
伝わるところでは、江戸末期の話で、浅草に住むある老婆が、貧しさゆえに愛猫を手放したところ、夢枕にその猫が立って言いました。”自分の姿を人形にしたら必ずや福徳を授かる”と。
そこで老婆が横向きで片手を挙げた人形を作り、浅草寺の参道で売り出してみたら大評判だったとのことです。
左の画像は、現在大人気の今戸焼の招き猫。オス猫とメス猫が一体になったもので、商売繁盛・招福に加えて、良縁招き猫として、当社にて授与されています。
 
 
 
 
 
”今戸焼発祥の地”の碑が境内にあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
今戸神社なで猫
 
社殿両側を有効利用しようということで
2007年9月に当社オリジナル招き猫の石碑を設置しました。
 
招き猫ちゃんを優しくなでて上げて下さいね。
皆様に福が招かれますように…。
 
今戸神社なで猫
 
石碑は私の友人である小泉石材店に依頼しました。
 
また、石碑の字はHP管理人でもある私、市野加奈が書かせて頂きました。
 
”お江戸は浅草 今戸で生まれ 愛され続ける 招き猫”…これは私の母、市野恵子による詩です。
東京都交通局協力会”東京旅人”
東京都交通局協力会”東京旅人”
 
2008年より2009年3月まで、都営浅草線、新宿線、三田線、大江戸線、都営バス 車内中吊りにて当社今戸焼招き猫が掲載されています。
 
モノ・マガジン No532
モノ・マガジン No532
 
イラストレーター時川真一さんに取材して頂き、雑誌掲載して頂きました。
今戸焼招き猫の大きさがとても分かりやすく描かれています。
夏目友人帳 ニャンコ先生 ヒット祈願
夏目友人帳 ニャンコ先生 ヒット祈願
 
当社にてヒット祈願を致しました。
アニメ放送中に限り当社にてご覧頂けます。
 
前のページ 目次 次のページ
HOME

最終更新日:2014.7.13