コリンズ無線機 と インドネシア と 船舶無線 と 米国のライセンス のページです...

【重要なお知らせ】
2017年1月31日をもってJCOMホームページサービスが終了する事に伴い、当ホームページはBIGLOBE(下記URL先)へ移動しました。JCOMのURLは当面は残しますが、更新はしませんのでご注意ください。 http://www7b.biglobe.ne.jp/~je1atw/index.html
 

 

<What's New>

<筆者 紹介>

小泉正樹 昭和32年10月生まれ

中学生の頃からアマチュア無線にはまる。最近ではインドネシアにはまっている。二児の父親。上の写真は、インドネシア・アマチュア無線連盟(ORARI)から贈られた記念盾を持って、03年に東久留米市の自宅にて。

 整備依頼、お問い合わせはメールで... 

 

都内でキロワット

私が1KWの免許取得を目指した理由は、「コリンズの30S-1を使いたい」の一点にありました。都内という特異な環境では決して簡単なプロジェクトではありませんでしたが、それ故に学べた点が多々ありました。 [全文] 

コリンズ修理します

コリンズの無線機(KWM380、51S1、Sライン、等)を修理・整備します。詳細はメールにて・・・


コリンズのメンテナンスのヒント集 毎週更新中

私が愛読しているCollins Collectors Association(CCA)のメーリングリストから得たコリンズ無線機のメンテナンスのヒントを、ブログ形式で順次紹介して行きます。本場米国の英知が満載です。 [全文]


コリンズのメンテナンス

私がコリンズ社の無線機に興味を持ったのは、ハムジャーナル83号のコリンズ特集でした。初めて入手したSラインは、電源を入れた途端に白煙がたち、ヒューズが飛んでしまいました。 [全文]

特集に希少な451S-1の写真解説を掲載


米国のライセンス

転勤で、一度は諦めた米国のアマチュア無線のライセンス。転勤先の福岡で受検の機会を得、Exrta級までを取得しました。 [全文]


船と私

私は過去に船舶の建造、維持管理の仕事をした事があります。そこには、アマチュア無線家にとって、興味深い技術が沢山ありました。 [全文]


私の小さな仲間達(QRP通信に魅せられて)

簡素な設備でありながら、その実用性に驚かされるQRP。自作が主流でもあるこの世界は、忘れかけた初心の感動を呼び起こしてくれます。 [全文]


無線設備の変遷

私は1971年に無線局を開設しました。それ以来、無線設備は時と伴に変化してきました。 [全文]


SDRの勉強をしてみました

最近、話題が沸騰しているSDR。しかし、その構成やDSP無線機との相違などを説明できる方は意外と少ない。FLEX-1500を例にとり解説してみました。 [全文]


ジャカルタの生活

私の人生に、強烈なインパクトを与えた、インドネシア ジャカルタでの駐在員生活。沢山の写真を撮り、また、沢山のメールを友人に送ったものです。 [全文]


その他

リンク集・・・。 [全文]


Copyright © 2006 Masaki Koizumi JE1ATW. All rights reserved.
掲載の記事・写真等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。