所沢市にある鍼灸院元気な明日のために何かしていますか

soto.jpeg

治療院NEWS

2016.1.31

■2月の休診日等
2月28日(日) 担当:小川先生
      (廻谷は東京マラソンでトレーナー活動を行うため休みです)

治療院中.JPG

高い水準の技術力

 当院の治療スタッフは全員、有資格者であることはもちろんですが、資格取得後、筑波大学や東京大学、早稲田大学等で研修を積んだ者やスポーツチームのトレーナー経験者で構成されています。したがって治療者全員が治療技術・経験は一定水準以上のものがあると自負しています。
 実際に長野オリンピックやテニスのジャパンオープン、東京マラソンなどでオフィシャルトレーナーとして参加し治療を行ってきました。

 鍼(はり)は使い捨て鍼(ディスポ鍼)を使用し、またシャーレ等は高圧滅菌器(手術道具などを消毒する機械)にて滅菌を行っているので、感染症などを気にせずに安心して治療が受けられます。
 またスリッパも患者様が使用された後に必ず一足一足消毒を行っています。

 治療は整形外科的な症状に関しては現代医学に基づいて、また内科的・婦人科的な症状に関しては東洋医学的な考えを基に治療を行っています。
 症状や治療方法の説明はできる限り行っていますが、それでもご不明な点などがございましたらお気軽に声をかけてください。






contents_border_ft.png

pals.jpg

治療手順

通常は
診察 → 鍼治療 → ホットパック → マッサージ
の順で治療を行っています。
また、お灸やその他の治療が必要に応じて加わります。

鍼治療は
1)軽く刺入するだけ(単刺)
2)軽く刺入し、そのまましばらく置いておく(置鍼)
3)目的とした筋肉や神経に鍼を刺入し、通電する方法(低周波鍼通電)
などの方法を患者様の症状により選択し行っています。

通常は低周波鍼通電を行っています。

pals.jpg

低周波鍼通電療法

低周波鍼通電療法は、よくある皮膚に電極を貼る低周波治療器による治療とは異なり、鍼を目的とした筋肉や神経に直接刺入し通電する方法です。
もともとは中国の鍼麻酔により始まり、筑波大学で発展したものです。

電気を鍼に流すと軽く叩いているような感じがあります。

ピリピリすることはありません。もしピリピリするようでしたら治療者に声をかけてください。対処します。

灸頭鍼.JPG

症状に合わせた様々な治療

症状により左写真のような灸頭鍼を行う場合もあります。
また、必要に応じ運動指導やPNFなどを行うこともあります。

contents_border_ft.png


治療スタッフはすべて筑波大学、東京大学、早稲田大学で研修を受けたものです。治療技術には水準以上のものがあると自負しています。