次回案内

5月4.日,5日(連休)

10時から14時30分

五色池祭り
2016年 活動予定 
五色池の自然の遷り変わり
 最新情報
(ブログ荒川から地球がみえる)
五色池通信  最新号
五色池通信  
ックナンバー
中土手で見つけた自然 
中土手の会 規約
リンク集

荒川クリーンエイド

下平井水辺の楽校
五色池の倉庫
五色池で遊ぶ子どもたち
中土手の遊びいろいろ
大杉小学校6年生の卒業論文集
『荒川中土手探検』
小松川池にカワミ用の土壁(休工中)
 
 中土手五色池ができたきっかけ
 プロジェクトの経過
  どんな生き物が見られたか
  どんな植物が見られたか
  どんな活動をしているのか
  参加したい場合はどうするの
 中土手五色池ができたきっかけ 次回の活動予定   五色池の自然の遷り変わり

連絡先

〒132−0033 東京都江戸川区東小松川3-35-13-204tel:03-3654-7240 fax:03-3654-7256

Email: nakadote*jcom.home.ne.jp  (*→@に打ち直し)

中土手に自然を戻す市民の会

五色池祭りは5月4・5日に変更、BQは4日雨天の場合5日に行います。

中土手に自然を戻す会

荒川の下流部、江戸川区の総武線鉄橋の下流の中土手(注)に、雨水を溜める池を造って、どんな自然が戻ってくるかを観察しています。1994年4月に、市民の提案を受けて 建設省荒川下流工事事務所(当時)が広く市民に呼びかけ実行委員会を作り、市民参加で作られました。
「中土手に自然を戻す市民の会」(略称中土手の会)が、毎月1回、草刈りや池の管理作業を兼ねた観察会を行い、運営しています。近年は小学生の環境学習等にも広く利用され、近隣の市民にも親しまれています。

  「中土手」とは荒川と中川を分ける中堤のことで、
 上を高速道路が通り、幅50mほどの高水敷に池を造っています

都市の中を流れる荒川には、自然が多くありますが、そんな中でも特に、中土手五色池は、トンボやカエルなどの生物が多く棲めるように工夫したビオトープで、珍しい植物や昆虫、魚などがたくさん住み着いています。それに加えて、自然を利用した遊び、今では見られなくなった昔の遊びを教えてくれる大人も加わって、中土手五色池は、子どもの楽園のようです。
ヨシの茎と写真フィルムで作る作るヨシ笛や、竹で作った弓矢遊び、クズのつるで作るリース作りなど、いろんな遊びが楽しめます。子どもたちは遊びの中で、自然が好きになってゆきます。