SSDにWindows7をインストール(その1)

OSのクリーンインストール





2012/02/14

■ 半年使ったWindows7 64bit版

わがメインPCに最後のOSインストールをしたのは去年(2011年)の6月ごろなので、まだ全くクリーン インストールする必要はないのだが、無線LANのトラブルやグラボ換装関係でかなり頻繁に ブルースクリーンを 食らったのが気になっている。

更に、つい最近SSDを速いタイプに換装したばかりで、 そのファームウェアの アップデートをしたところだ。 新SSDの導入時は何となく面倒だったのでクリーンインストールをせず、Cドライブのクローン作成で引越しを したため、 何もかも現状を引き継いだ環境下で使っていた。でもせっかく高性能SSDを入れたのだから新しい環境で Windows7を動かしてやりたくなった

同時にこれは自分への”備忘録”的な意味合いもある。 久しぶりの大きな作業はいろんな注意点を忘れてしまっているので、 それを思い出すこともでき、PCスキル保持またはスキルアップなどのメリットが期待できる。 そして何より楽しい。

と、口実はこのくらいにして、とにかくクリーンインストールをしたくなった。 なんとなく 「クリーンインストール」というと少し身構えてしまう気がするが、 昔のWindowsと比べて そんなに難しくないという事をこの項で紹介できたらと思う。





■ クリーンインストールとは

OSのクリーンインストールというのは何かと言うと、HDDやSSDなどのストレージをフォーマットして 新しくOSインストールすることである。「新規インストール」などとも言う。 つまりOSを新品状態から 使えるという訳だ。これはOSの不具合を改善する目的でアップデートしたり、アップグレードのために 上から上位グレード版のOSをインストールするのとは違う

PCは長年使い続けるとシステム内にいわゆる「ゴミ」がたくさん貯まり、動作速度が落ちて不具合が 目立ってくる。 ここで言うゴミとはレジストリの事だ。レジストリとは Windowsのための基本的な情報データを貯める所みたいなもので、 これが肥大していくとOSの動きが遅くなり、 これが悪化して修復不能に陥る事もある。OSの起動ができなくなると大切なデータを失いかねない。 (そのためにバックアップを取っておくのだが)

メーカー製のPCなら、PCを買った時の状態に戻すことをシステムのリカバリーなどという事が多い。 これはOS単品のメディアがあるわけではなく、そのPC用のリカバリーディスク(またはHDD内の領域) を用いることになる。工場出荷時の状態に戻すということで 「初期化」などという。 メーカーPCでのやり方はマニュアルがあるのでそれに従ってやるのが安全だ。


クリーンインストールのメリット
これを行うことによってOSが当然まっさらな状態となるので動きが軽くなる。不具合の原因となっていたもの まで消えて最初からやり直せるというところがクリーンインストールのいいところだ。時にはPCの故障個所を 限定する判断材料にもなる。 PCの設定をアレコレやるのが楽しい人にはとてもやりがいを感じる作業。


クリーンインストールのデメリット
まずは手間がかかるので面倒だという事。ドライバーやアプリ等もすべて入れ直しになる。 なにもかもデフォルト設定に戻るため、自分に合った環境にするためには設定の変更が必要。 同一パーティションにデータも存在していた場合は一旦これを失う格好となるのでバックアップに 念を入れるなど、 前もってやっておくことが多く注意が必要となる。 元に戻らなくなる不安もあるのでPCの操作・設定が苦手な人には苦痛でしかない作業。




Windows7のインストール自体は難しくないと言ったが、どうしても押さえておきたいポイントは当然ある。 下準備がしっかりできていればこそのクリーンインストールだ。やみくもに始める事だけは避けたい。 そこで必要な下準備をまとめてみた。


クリーンインストール前の下準備

1.データは別のHDDにバックアップをとる  IME辞書・メール・アドレス帳・お気に入りは忘れやすい
2.インストールするOSのメディアを用意。プロダクトキーのわかるもの
3.各種ドライバCDを準備 マザーボードのチップセット・ ビデオカード・プリンター等の周辺機器ドライバーCD
4.セキュリティーソフトの準備 オンラインで入手する製品の場合は事前に 別の場所にダウンロードしておく
5.入れ直すソフト各種のCDの準備 CDの紛失がないかチェック・プロダクトキーが要るものは確認する
6.BIOS設定の確認 BIOSをデフォルトに戻す必要はないが、 どの機能を有効・無効にしていたかくらいは確認したい
7.M/Bのコネクタやスロットに挿してある機器、拡張ボード類は抜く

これらの準備をしておけばインストールを始めてから急に探し物をしたり 調べたりする手間が省け、作業がはかどる。
2番のOSのプロダクトキーだが、これがない場合は ライセンスがおりない。再発行もしてもらえないので要注意。
4番のセキュリティーソフトは絶対に必要なので要注意
7番の拡張ボードの類はトラブルの元なので抜いてから始める。内部USB接続のカードリーダー等もあれば抜いておく。
普段からPCとプリンター機器をケーブルでつないだままにしてる場合なども一旦これを抜いておく。


クリーンインストールの手順は次項から画像つきで紹介します 



当記事に基づいておこなった作業によるトラブルに関しまして、当方では責任を負えません。全て自己責任の範囲でお願いします

続きを読む>>
2012/02/14