横山大観記念館

 大観がこの地に居をかまえたのは明治42年のことです。昭和20年の空襲で建屋が焼失しましたが、その土台を生かし、昭和29年に新居が再建されました。その後、90歳で没するまで、大観はここで多くの作品を制作しました。
 京風数寄屋造りのこの建物は、現在では台東区の史跡に指定されています。当館はその客間、居間、アトリエなどを、そのまま展示スペースとして公開しています。建物の構造や内装のデザインには、大観の画家ならではの工夫が凝らされており、見どころのひとつとなっています。
 所蔵品は、大観の絵画作品・習作・スケッチをはじめ、大観による陶磁器の絵付け、着物の意匠、書籍の装丁にいたるまで多岐にわたっており、大観の画業の全貌を知ることができます。大観にゆかりのある画家たちの作品、画材をはじめとする大観の遺品、書簡、大観が収集した古美術品なども、当館のコレクションの特徴です。これらは、大観の趣味や交友関係、日常の姿など、知られざる一面を伝える貴重な資料となっています。
 和風建築の雰囲気を生かし、軸装の作品などは、そのまま床の間に掛けて展示します。日本画本来の楽しみ方を体験できる、現代では貴重な空間といえるでしょう。なお、展示替えは三か月ごとに行っています。


鉦鼓洞