解説&演奏・・・上原由記音

アルベニス「組曲スペイン」レクチャーコンサート(一般の方にもお楽しみ頂けます。)

2012年7月10日 (火)開演10:30
入場料 一般2,000円、会員 1,500円
チケットのお問い合わせ:092-921-0551

会場: カワイ大宰府ショップ

福岡県太宰府市向佐野4丁目12-8
092-921-0551

後援 スペイン大使館

 

    


イサーク・アルベニスは近代スペイン民族楽派の騎手となって活躍した作曲家で、
スペインの エッセンスをヨーロッパの作曲技法を用いて発展させ、
スペインの絵はがきのような作品から 内面的に深く掘り下げられた作品まで数々の作品を残しました。

今回は、最も人気の高い作品 「スペイン組曲 T.61」をとりあげます。
作曲家アルベニスについて、組曲の成り立ちの背景、 など写真や音源も加えて解説しながら演奏致します。
(一般の方もお楽しみ頂けます)

曲目
アルベニス作曲「スペイン組曲(全8曲)」T.61
〈グラナダ〉〈カタルーニャ〉〈セビーリャ〉〈カディス(カンシオン)〉
〈アストゥリアス〉 〈アラゴン〉〈カスティーリャ〉〈クーバ〉

 上原 由記音:略歴

スペイン音楽のスペシャリスト。パリにて、巨匠ジャック・フェヴリエ氏に師事。
氏の没後、スペイン人の作曲家アントニオ・ルイス=ピポに師事しスペイン音楽を研究し始め、アリシア・デ・ラローチャ女史に師事する。
故フェデリコ・モンポウ氏の作品については彼の夫人カルメン・ブラーボ女史より薫陶をうけるに師事。
国内外の演奏活動のほか、グラナダ音楽院、キューバ国立芸大音楽部マスタークラスにて講座やレッスンを行い、
ハエン国際ピアノコンクール(スペイン)の審査員を務める。
スペイン政府グラシアン基金助成によりスペイン・ピアノ作品解説書「粋と情熱スペイン・ピアノ作品への招待」と
CD「アルベニス作品集vol.1〜4」を出版、 すべてのCDがレコード芸術誌で特選盤に選ばれ、
「アルベニス」の著者でアルベニス作品目録編集者のハシント・トーレス氏から「アルベニスの音楽遺産を世界の聴衆に紹介するための完璧な演奏家」と評される。
アルベニス生誕150年には「組曲イベリア全曲リサイタル」を全国で開いた。
楽譜は「スペインピアノ音楽選集(ヤマハ・ミュージック・メディア)」「スペインピアノ曲集《CD付》(カワイ出版)」
「アルベニス小品集(全音楽譜出版社)」「トゥリーナピアノ作品集(ヤマハ・ミュージック・メディア」を出版し、
スペイン作品の普及に力を注いでいる。パリ・エコールノルマル音楽院室内楽科修了。日仏音楽コンクール1位。

 ©井村重人